soul healing ai

人とペットの心・体・魂を癒すエネルギーワーク

カゲが旅立つまでのお話(アニマルコミュニケーション)~序章

景虎(かげとら)♂
2002年5月2日生  2017年1月26日没 <14歳8か月>

 

Instagramからの投稿では、私個人の気持ちを、カゲが生きた証として記録していました。

このブログでは、アニマルコミュニケーターとして、ヒーラーとして
最期の8日間のカゲとの「会話」を綴りたいと思います。

 

アニマルコミュニケーションに限らず
ヒーリングやチャネリングなどを行っている時は、とてもクリアで平穏な状態になります。
なので、辛く悲しい8日間でありながらも、別目線での感覚がありました。

 

エネルギーワークの世界に入る切っ掛けとなったのが
私の育児ノイローゼにより、カゲを構えなくなってしまったことで、カゲが無感情無表情になってしまい、顔が変わってしまうほどに追い詰めてしまったことにあります。

 

どうにかしなければ・・

 

少しずつ気持ちに余裕が出てきたころ
たまたま見ていたTV「志村動物園」が、ハイジさんのアニマルコミュニケーションの回でした。

 

私もカゲの気持ちを知りたい!
身近でアニマルコミュニケーションをやってくれるところはないのだろうか?

 

ネットで検索すると、色々と出てきました。
その時は未就園児を二人抱えていたので、遠隔(メール)対応してもらえる方に依頼しました。

 

結果報告のメールを読んで、大号泣・・・

 

そして、もう二度とこんな思いをさせてはいけない!!
私も話せるようになりたい!!!

そう強く思いました。

というのも、ネット検索しているときに
「あなたもアニマルコミュニケーションができるようになります」

的な記事をいくつか見かけていたのです。

当時の私は、そういう能力は生まれつきのものであって、後付けで取得できるものではないという認識でした。恐らくほとんどの方がそうだと思いますが(笑)

 

情報を集め、繋がっていく中で、今の師(Divine soul)に辿り着くことができました。

 

講座はマンツーマンなので、他の方に会う事は一切なかったのですが、
質疑応答していく中で、分かり易い例題として、いつもお話に出てくる方がいました。

それが、後に「Wチャネリング*aiai」として、コンビを組んで活動することに繋がる
同じ名前のaiちゃんです。
aiちゃんのサロン【Divine*ai】 https://www.divineai.com/

 

お互いの練習台として、ネタを提供しあい、情報の共有をしているときに
カゲの寿命を聞いたことがありました。

もちろん自分でも出来るのですが、私的なことには、内容によっては感情が入ってしまい、上手く出来ない場合があるので、確認のためにお願いしました。

 

その時、お互いに確認した寿命が「14才」

 

生き死にというものは、そんなに単純なことではないので
「この日」という正解は難しく、前後してしまうものなのですが

とにかく、そこが近づいてきたら気をつけていよう・・
それまでは毎日楽しくすごしていければいいな・・・

という軽い気持ちでいたのが7年前のことです。

 

7年はアッという間

ヘルニアを繰り返したりと、ダックス特有の病気はありましたが
去年の5月、14才を迎えることができました。

そして、「14才が寿命」だと知っていても、それが「14才のいつ」なのかは分かりません。

とにかく悔いの残らないように、1日1日を大切に過ごしていこう、そう決意したのでした。

 

初夏の頃、調子が悪くなってきたことがあり、
夏は越えられないかもしれない・・いよいよ覚悟を決める時なのかもしれない・・・

とにかく出来るだけのことはしてあげよう!と、
ご飯を手作り食にして、カゲのペースや気持ちに沿っていく生活に切り替えました。

すると、みるみる元気を取り戻し、穏やかにときは過ぎて年末へ・・

 

今から思えば、初夏の体調不良の頃から腎機能が弱っていたのだと思います。

 

容体が悪化してから、色々と調べまくっていたのですが、
ほとんどの場合が、ちょっとした体調不良は老化現象だと思われて見過ごされ
症状が目に見えて病院に行ったときには慢性腎不全のグレード4判定(一番悪い)

そして、間もなく亡くなってしまうそうです。(犬の死因3位、猫の死因2位)

 

もっと早くに対処して、処方食に切り替えていたら・・

後悔先に立たず

 

 

続く。。。