カゲが旅立つまでのお話(アニマルコミュニケーション)~終章

 

カゲが旅立ってから、昨日で一ヵ月が経ちました

 

もっと早く記事にまとめる予定だったのですが

いざ書こうとすると、どうしても手が動かなかった

 

亡くなった直後の爆裂的な悲しみは、一週間もするとだいぶ薄れていきましたが

いない寂しさは日ごとに強くなっていきます・・

 

この半年ほどは、廊下に粗相することが増えたので、洗面所への被害を食い止めるために
・ドアは必ず閉めること
・廊下の電気を必ず付けて確認してから歩くこと

これを子供達に徹底していたのですが、
「もうドアは閉めなくていいよ、電気も消しなさい」

ドアを開けていれば光が入って明るいから電気は必要ない
そもそも粗相をするカゲがない・・

 

こうした日常の当たり前になっていたことが、もう必要ないという事実

 

子供達がヨーグルトを食べ終えると、その容器をカゲにあげる為に床に置くのですが
「もう舐める担当はいないから、自分たちで下げて、水ですすいでから捨てなさい」

そんなことを言うたびにへこむ訳です

 

でも、いつまでもメソメソしているわけにはいきません!

 

私の新規事業立ち上げの足手まといにならないようにと旅立ったカゲの為にも

そして、日々薄れていく記憶(ヤバイ)・・・忘れる前に書き残さなくては!!
たった一ヵ月なのに、書き出してみるとかなり抜け落ちていることに気づき愕然

支離滅裂、意味不明な箇所、誤字脱字も多々あるかと思いますが
力尽きました・・すみません

初月忌の昨日までに全部終えるつもりだったのですが、、無念(*_*;

 

 

カゲの最後の1週間は、とっても密度高く、濃ゆい日々を一緒に過ごすことができました。

納得のいくお別れなんて無いと思います
でも、やれるだけの事をやりつくせたので後悔はありません
家族一体となって見守ることができたことは最高に幸せでした

 

InstagramやFBで沢山のコメントを下さった皆様、本当にありがとうございました!
とても心強く、励みになりました(*‘ω‘ *)

 

カゲとの思いでを胸に、突き進んで参ります♬

 

 

このページの写真は、アーティストでもある、生徒の憂子さん(Healing aroma you)に依頼して
描いていただいた鉛筆画です。

とても繊細なタッチで、子供達は「これ写真じゃないの?」とビックリしていました^^
上手なのは勿論ですが、そこに命を感じる温かさがあります。

Webから依頼して郵送してもらえますので、ご興味のある方はブログHPをご覧ください♪

 

 

Continue Reading

カゲが旅立つまでのお話(アニマルコミュニケーション)~第六章

エンジェルペットヒーリング

1月26日(木)AM8:52に旅立ち、火葬までの3日間はリビングに安置していました

私は毎晩リビングで寝ていたのですが

亡くなった翌日の朝、降りてきた夫が
「昨日の夜、カゲが鳴いてる声が聞こえたんだけどさ、ドアを開けろって(リビングのドア)
カゲ、バカだから通り抜けられないと思ってるのかなぁ・・?」

「。。。へー」

 

私は聞いてませんのでね。(笑)
ありえる話ですが、あえて確認もしていません。

ちなみに、カゲが闘病中、夫の会社にカゲが来たそうで(カゲの匂いが急に来た)
帰宅するなり「死んだかと思った」とも言ってました。

夫に霊感はありませんが、前世の記憶を持ってたりはします。

 

 

1月29日(日)AM10:00 火葬

妹夫婦と、亜土、カブも参列してくれました

持参した花で、カゲの周りを囲み、亜土とカブが見守ります

亜土は涙を流していました

 

お線香をあげた後、カゲの顔を白い布で覆い、炉の中へ・・・

3日間もカゲの亡骸と一緒に過ごせて、たっぷりお別れできていたので
泣くことも減っていたのですが、さすがにこの時は泣きました

でも、カゲを見送っているはずなのに、隣にカゲがいる。。。一瞬涙も止まったよ(^^;

 

煙が昇っていくのを見て、ホッとする、もう涙は出ない

みんなで骨を拾い、一緒に帰ってきました

 

全てから解放され、自由になったカゲ
カゲの次の転生はもう決まっています
新しいステージへ行くには、ちょっと準備期間が長くかかるようです

 

そんなカゲとの会話
私「やっぱり人間と同じで、四十九日まではいるの?」
カゲ「行くときは行っちゃうし(死んですぐ)、居る仔は居るんじゃない?」
私「カゲはどうするの?」
カゲ「うーん。。まだちょっと時間あるから100日ぐらいいてもいいよ?」
私「あ、そうなんだ。じゃあ、居れるだけ居て。転生の邪魔にならない程度でいいから」

 

まだしばらくは側にいてくれるそうで嬉しいです^^

 

カゲちゃん、私達の家族になってくれて、本当にありがとう♡

 

Continue Reading

カゲが旅立つまでのお話(アニマルコミュニケーション)~第五章

 

私と同じくらいショックだったのは妹だったはず・・

 

亡くなった日、仕事帰りにお花を届けに来てくれて
カゲが使っていた洋服や、不要になってしまったものを亜土とカブに使ってくれると引き取ってくれて・・なかなか帰らない

「死んでしまった子よりも、まだ生きてる亜土とカブが待ってるから、早く帰ってあげなよ」
と促すも、後ろ髪ひかれまくりでした。ありがとうね。

 

 

亜土はカゲのお母さん、16歳
カブは同じ日に生まれた兄弟
亜土のお産が始まった時、そばにいたのは妹

いろんな思いがあったと思います

 

 

カゲの闘病中
妹に、カゲとの会話の内容を伝えたことがありました
すると、
「カゲちゃん、ボーナスタイム中なのに、動けなくなっちゃって辛いね」

こう返されたことをふと思い出しました

 

そっかぁ・・
ボーナスタイムは、私たちにとってのボーナスだったんだぁ・・・

そう気づいて泣きました

 

そして、もう1つ
カゲが最初に言った言葉「肉体が限界を超えないと逝けないんだよ」

亡くなる瞬間の、あの「ポンっ」て物凄く大きな音
心臓か肺が破裂したのだと思っています。定かではありませんが。

 

まさに「肉体が限界を超えた」のだと、私に分かり易く伝えてくれたんだね・・

「死んだとハッキリ認識できるように逝ってね」そう伝えていたから(:_;)

 

何て賢くて良い子なんだろう・・・カゲちゃん、本当にありがとね。

 

 

 

翌日、ご近所さんや友達が弔問に来てくれて
思い出を語って涙もしましたが、懐かしい話を聞くことで、そんな楽しい事もあったね~!と、癒されて、目の前で苦しんでいる記憶から抜けることができました。ありがとうございます。

 

家族や、友達がいる時は良いのですが、一人になると落ち込みます

 

居なくなってしまった悲しみはもちろんだけど、
日常生活に組み込まれてしまっていたパターンを「あ、もう必要ないのか」と気づいた瞬間に、一気に寂しさが募ります

 

でもね、朝、掃除機をかけていると、明らかにカゲが炬燵の中に居る気配を感じるのです

掃除機を止めて、布団をめくりながら「いるんでしょ?出ておいで~」
もちろん見えません。笑
こんな一人芝居をして、がっくり肩を落とす・・なんて事も^^;

 

私は霊能者ではないので、リアルには見えません
コミュニケーションをとる為のワークの中で、会話したり映像としてみることはできます

 

でもね、確かにまだ家の中にいるし(本人に確認済み)
出かける時に「いってくるねー」とカゲに言うと、玄関ドアからすり抜けて?飛び出して?
一緒に来るのを感じる時もあります

「そうだよね~もう自由の身だもんね、一人で留守番する必要ないしね~、一緒に行こ!」
なんて話しかけたことも・・

 

でもね
どんなに存在を感じられても、現実にはもういなくて、部屋はがらんどう・・
そんな時、カゲが居ない寂しさを求めて、亜土とカブに会いにいってきました

 

亜土は16歳、立派な老犬で可愛いお祖母ちゃん^^
徘徊、昼夜逆転、耳は遠いし、ヘルニアもあり、自分自身のことで精一杯

もともとプライドの高い子なので、人に媚びるタイプではなく
老犬になってからは大分丸くなったけれど、ずっとは抱かせてくれません(笑)

 

そんな亜土が、私に10分も身を預けてくれて・・

きっと亜土も何か感じてるんだね~カゲの匂いがするからかな?と言った瞬間
「ブン!」と、振り向いて私の顔を見上げた

その後も「カゲ」という言葉にだけ敏感に反応する・・亜土、お母さんだもんね

 

その時聞いた不思議な話

カブもまた、カゲが亡くなりかけていた夜、一晩中すすり泣くように吠えていたそうです

 

つづく

Continue Reading