soul healing ai

人とペットの心・体・魂を癒すエネルギーワーク

幸せに旅立っていった小さな命

緊急でアニマルヒーリングのご依頼でした

 

体重500gの小さな子猫を保護

すぐに獣医に連れて行き、処方薬を飲ませて経過観察、その後急変し入院中

ご依頼された時点で、ぐったりしていて、とにかく危険な状態

 

4回コースの集中ヒーリング

全身が炎症を起こしている状態で、どこから手を付けようか・・

獣医さんの診断内容に言葉もない

とにかく、毎回できることは全部やりつくしました

 

ヒーリング中、毎回
「いつおうちに帰れる?」と子猫が聞いてくるので
「元気になって、お母さんと一緒に帰ろうね」と伝えていました

この返答には裏があり・・

子猫の「おうちに帰る」には、「回復して」という感覚が感じられなかったので
元気になってから一緒に帰るんだよ」と伝えていました

 

ひと時の間、回復の兆しが見えて、飼い主様との面会の時
ご飯を自力で食べて、目を開けてしっかりとアイコンタクトが取れ、首を前にだして撫でて~と
コミュニケーションがとれるほどに

しかし、その後の発熱、食欲不振、呼吸の悪化、獣医さんが恐れていた通りの流れとなり
息を引き取りました

 

保護から5日
たった1日しかいられなかった我が家

飼い主様から、
「覚悟はしていたけれど、最後に抱っこしてあげたかった。ずっと入院したままで、寂しい苦しいだけの日々だったのでは・・」
とのご連絡をいただき、子猫の気持ちを聞くことにしました

 

子猫らしい口調、でも、しっかりと芯のある言葉とイメージで色々と話してくれました

  • いつも飼い主様のエネルギーを感じて(包まれて)いたから、さみしくなかったよ
  • ボク早くおうちに帰りたかったの。帰れてよかった!(ハッピー)
  • またすぐ生まれ変わって、ふわふわしたところで暮らしたいなぁ
    むかえがくるまでは、ここにいるよ

彼にとっては、生きてるかどうかは問題ではなく、「おうちに帰りたい」と願い、それが叶って満足
今は、飼い主様のおうちで楽しく過ごしているようです

次の転生の姿も見せてくれて、すぐにまたこちらに戻ってくること、飼い主様との縁が深いことも教えてくれました

 

亡くなってしまった

という事実は、とても悲しくて、心残りばかり・・本当に、本当に辛いことです

でも、当の本人は、予定通りの寿命を全てやり遂げて、幸せに旅立っていきました

 

子猫の気持ちを知ることで、飼い主様の心持ちもだいぶ違うものになります

 

亡くなったペットさんの事で、今でも心残りのある方がいらっしゃると思いますが

このブログを読むことで、少しでも癒され、重荷を手放すことができれば・・と思い

飼い主様の許可を得て、ブログに書かせていただくことにしました

 

心の底から飼い主様を慕っていた彼は、旅立つ前に、飼い主様の元へ訪れたそうです

(飼い主様からのメールより抜粋)
「一瞬体が軽くなり、暖かい気持ちが押し寄せてきたんです。両手が暖かい感じになりました。
それまで体がこわばっていたので、不思議だな、と思ってたら、しばらくして病院から電話がありました。」

心配続きの毎日で、心も体も緊張状態が続いていたことでしょう・・

そんな飼い主様へ「ありがとう」そして「ただいま」と・・

 

現在、エネルギー体となった彼は、
朝と夜にご飯をたっぷりともらい、それをガッツリと食べてる(感じがする)そうです^^

そして飼い主様・・何故か爆睡できて、目覚めスッキリなのだそう(笑)

今は彼が飼い主様を癒してくれているのでしょうね♪

次の転生が早いので、間もなくお迎えが来ると思いますが、それまでは我が家を満喫するそうです^^

 

大変な状態にありながらも、幸せに旅立つことができた、子猫と飼い主様の絆のお話でした

 

 

今週末7/23(日)出店イベントメニューの詳細と事前予約はこちら♪