カゲが旅立つまでのお話(アニマルコミュニケーション)~第一章

 

夏、秋、年末へと
緩やかに老化は進み、近所へのお散歩にも出たがらなくなり
ご近所さんにお話しかけられたり、撫でてもらっても、反応が鈍くなってきました。

 

そして新年

 

我が家の三ヶ日は、毎年決まっています。

元日、夫の実家
2日、子供と映画館
3日、父の命日で墓参り

どの用事も3時間ほどですが、なるべく留守番をさせたくありませんでした。
それほどに、嫌な予感がつきまといはじめたからです。

 

 

これは私自身のチャネリングの話なのですが

新規事業立ち上げに向けて、とりあえずの目標として12月末までに物件が見つかるようにと、その他準備も並行して動いていました。

そして、実際に見つかって本格的な準備に入る前に、カゲは身を引くであろうと・・

実際に、11月末からあれよあれよという間に色々な話が動き出していたので
もしかしたら年は越せないかも?

そんな不安も頭をよぎっていたので、仕事の流れと共に神様に確認すると
・物件は2月頃になる
・カゲの事は、私の感覚通り、悔いのないように

とのことでした。

 

2月の頭かもしれないし、末かもしれない・・
もし、頭だとしたら、その前にカゲは居なくなってしまうであろう・・
という事は・・

2月頭?いや、1月末か?

もうね、そうであって欲しくない、でもしょうがない、いろんな感情が交錯して
正しく情報が受け取れているのかも微妙なんじゃないか?

毎日頭の中がグルグルし、その都度神様に確認すると「その通りだ」と。

 

 

実は、12月の中頃に、ディズニーランドのチケットを2枚貰えることになり
日付を指定して欲しいと言われたので、混雑予想など色々加味して
1月15日か22日と迷い、早目じゃないとダメな気がして、15日の日付指定にしていました。

たぶん、この15日には行くことができるであろう

この予感は、怖くて確認することができませんでした・・

 

 

※写真で着ているセーターは、年末に思い立ち急いで編みました。間に合って良かった。

 

 

そんな事があっての、1月9日(月・祝)成人式繋がりの三連休

カウントダウンに向かって進み始めてしまいました。

 

夜中2時すぎ、一緒に寝ていたカゲが布団から出て、部屋の中をうろうろしだす
おしっこかな?と思って庭に出し、ちゃんと出たので再び寝室へ

 

朝4時半
定刻通りに起床し、いつもはおしっこをさせる為にすぐに庭に出しますが、2時間前にしていたので、ご飯を火にかけたりと家事をしている2~3分の間、ずっと廊下の方で歩き回っている音が聞こえていたので、見に行ってみると大量のおしっこを漏らしていました。

目線をずらすと、小さな水たまりもあちこちにあります。

おかしい・・
そう思いながら、とりあえず片付けなくちゃ!とシートに吸収させていると、シートが真っ赤!!

大量の血尿が8か所にありました。

 

有難いことに、かかりつけの動物病院は朝7時から

カゲにはオムツを装着し、1番に診察してもらうために、様子を見ながら家事を済ませ
開院と同時に診察してもらいました。

 

この時の診断では膀胱炎
エコー検査では、出血の後はありましたが石なども見つからず、ひとまず抗生剤で様子を見ることに・・体内に残っていた血が出きってしまったら血尿ではなくなり、食欲も戻り一安心

日に日に体調も回復し、5日分処方された抗生剤も飲み切り、体調も安定していたので
予定していたディズニーランドへも行くことができました。

 

この1年の長時間留守番は、我が家に母が来て
・お昼ごはんを食べさせる
・近所に散歩に連れ出す
・おしっこをさせる
といった事をお願いし、3時間以上の留守番にならないようにしていました。

たまたまこのディズニーランドへ行った日は、母の体調が悪かったらしく
一日中一緒にゴロゴロしながら、10時~17時半まで留守番をしてくれたようで

まさかの、市内に入ってからの事故渋滞で予定より帰宅時間が遅れ
18時半になってしまったけれど、小一時間の留守番で夜ご飯も貰った後だったカゲは
のんびりまったりモードで「あれ?帰ったの??」って雰囲気でホッとしました^^

 

また話が前後してしまいますが、
年明けに、我が家に遊びに来たいという友人達からの話がいくつかありました。

みんなカゲを知っています
きっとこれが最後になるだろうからと、全部の予定を17日までに入れ込みました。

 

翌日、18日水曜日
のんびりカゲと炬燵で過ごしていると、再び軽く血尿したのですぐに受診

「年齢を考えると、心配なら念のために血液検査をしてもいいかもしれませんね」
とのアドバイスがあり
「前回のエコー検査でも腎臓が少し小さめとカルテにもあるので」

膀胱炎の原因がどこからくるものなのか?健康診断も兼ねて検査をお願いしました。

 

その結果、慢性腎不全グレード3~4

 

クレアチニンの数値は振り切れちゃって上限が測定不能ということで、即入院を勧められましたが、病院大嫌いなカゲを一人置いていくなんて、それがさらにストレスになって悪化して、病院から出られないまま死んでしまうと判断し、毎日の通院治療にしてもらいました。

 

続く。。。

Related articles